札幌証券取引所アンビシャス上場専門


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:ここをクリックしてメールフォームからどうぞ

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会[HOME]
INDEX

儲かっているだけでは上場できない

上場を検討された理由は、会社の事業も軌道にのって、利益が安定して計上されるようになったからではないでしょうか。
上場企業となるためには、2つの条件があります。
ひとつは利益がコンスタントに計上されること。
もうひとつは会社の管理面が充実していることです。
あなたの会社は、2つの条件を満たしていますか?
儲かっているだけでは、上場できないのですね。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

管理にコストをかけることには抵抗がありますか?

上場するためには管理の充実が必要だということは多くの経営者がご存知のことかもしれません。
実際に、証券取引所や証券会社が開催している上場セミナーでも、この点は強調されます。
ところが、管理の充実はそれほど簡単なことではありません。
何よりコストがかかります。
例えば、予算管理を充実することは基本中の基本ですが、それまで予算がなかったり、予算と月次決算の比較分析がなされていなかったりという場合も少なくありません。
その場合に、誰が予算を策定し、分析の作業を実施するのでしょうか。
理想的には、経営企画部門がこれを担当することになります。
ただ、新興市場への上場を目指す会社の場合は、その規模が小さいこともあり、経営管理部門(特に経理部門)がこれを担当することも多いようです。
しかし、日常業務だけでも忙しいのに、新たな業務として予算管理を担当する余力はありません。
新たな人材を採用する必要がでてきます。
また、会社によっては新たなシステム導入が必要になるケースもあります。
システムを導入し、人材を採用し、管理を充実しなければならないとわかっていても、それらへの支出は収益に直接的には結びつきません。
「管理にコストをかけるのはもったいない」という考え方もあるでしょう。
ところが、このコストをかけないと上場は非常に難しくなるのです。
反対に、このコストを年間数千万円でも捻出する覚悟が経営者様にあれば、上場準備を他社で経験した人材を招聘し、会社の管理面を整備して短期間に上場することが可能になります。
要は、経営者様の覚悟次第といったところでしょうか。
それから、最後にどうしても忘れてはならないのは、管理面を充実させる以上、会社が組織として機能することも必要となります。
経営者様ご自身が全てを決める中小企業からは質的に変化することも同時に必要となるのです。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
札幌証券取引所アンビシャスに上場しませんか?
上場で会社にはこんなメリットが
上場でオーナーにはこんなメリットが
上場で従業員にはこんなメリットが
資本政策がとっても重要
アンビシャスに上場している会社
マザーズとの違いは?
上場までの流れ
上場をバックアップしてくれる関係者
主幹事証券
証券取引所
監査法人
上場のために必要なこと
コーポレートガバナンス
利益管理制度
内部統制
会計基準に則った決算
規程類の整備・運用
内部監査と監査役監査
情報システム
特別利害関係者
Tの部
増資と株式譲渡
上場後に必要なこと
ディスクロージャー
監査
IR
株主総会
株主代表訴訟
インサイダー取引防止
お役立ち情報
上場ドットコム
資本政策ジェネレーター
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する
法人税って、どんな税金?
益金の基本
損金の基本
法人税の申告と納税

Copyright (C) 2006 札幌証券取引所アンビシャス上場研究会. All Rights Reserved国民生活金融公庫 消費税 法人税

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。