札幌証券取引所アンビシャス上場専門


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:ここをクリックしてメールフォームからどうぞ

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会[HOME]
INDEX

監査法人は監査するだけではない?

札幌証券取引所アンビシャス市場に上場するためには、公認会計士又は監査法人の監査証明が必要となります。
監査法人は日本に100以上ありますが、この中からどこでも好きな監査法人を会社が選ぶことができます。
規定上は、監査法人でなくても、個人の公認会計士が監査していればいいので、「個人事務所の監査を受けることでもいいですか? 報酬が監査法人よりも安い見積もり金額でした」とおっしゃる会社さんもあります。
ですが、個人の公認会計士の監査を受けていることを証券取引所が嫌がります。
ですから、事実上は監査法人の監査を受けなくてはならないということです。
ところで、監査法人は監査だけをするのではありません。
上場準備中の会社にあっては、理想どおりの内部統制が構築されておらず、また、経理処理も誤りが多いものです。
これをアドバイスしてくれるのが、上場準備中の会社の監査を担当する監査法人の役割です。
監査法人を選定する際には、上場に精通している監査法人を選びましょう。また、監査法人内でも上場に精通していて親切な会計士を担当者にしてもらうよう頼んでみるといいでしょう。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

監査法人との意見交換は早いうちから

監査法人が決算を適正と認めてくれず、上場できない場合があります。
上場準備中の会社であれば、明らかな粉飾決算を行っているケースは少ないのですが、経理処理に明確な規定がない取引について、会社と監査法人との間で見解が異なるケースが散見されます。
このようなことがないよう、監査法人との意見交換は早めに積極的に行いましょう。
また、監査法人の担当会計士が、上場に不慣れな場合や、実力面に不安のある場合には、遠慮することなく交代をお願いしましょう。
それでも、監査法人の対応に満足できない場合には、監査法人を選び直すことになりますが、監査法人の変更は取引所にもいい印象を与えませんので、できれば避けたいものです。
無難な選択としては、トーマツと最初から契約しておくといいのではないでしょうか。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
札幌証券取引所アンビシャスに上場しませんか?
上場で会社にはこんなメリットが
上場でオーナーにはこんなメリットが
上場で従業員にはこんなメリットが
資本政策がとっても重要
アンビシャスに上場している会社
マザーズとの違いは?
上場までの流れ
上場をバックアップしてくれる関係者
主幹事証券
証券取引所
監査法人
上場のために必要なこと
コーポレートガバナンス
利益管理制度
内部統制
会計基準に則った決算
規程類の整備・運用
内部監査と監査役監査
情報システム
特別利害関係者
Tの部
増資と株式譲渡
上場後に必要なこと
ディスクロージャー
監査
IR
株主総会
株主代表訴訟
インサイダー取引防止
お役立ち情報
上場ドットコム
資本政策ジェネレーター
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する
法人税って、どんな税金?
益金の基本
損金の基本
法人税の申告と納税

Copyright (C) 2006 札幌証券取引所アンビシャス上場研究会. All Rights Reserved国民生活金融公庫 消費税 法人税

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。