札幌証券取引所アンビシャス上場専門


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:ここをクリックしてメールフォームからどうぞ

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会[HOME]
INDEX

アンビシャス上場までの流れ

札幌証券取引所アンビシャスに上場するためには、札幌証券取引所に上場を申請して承認を受けることが必要です。
当然ですが、申請すれば誰でも承認されるわけではありません。
取引所の審査に通ることが前提になります。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

アンビシャスに上場するためのスケジュール

札幌証券取引所のアンビシャス市場に上場しようと考えて、すぐに上場できるわけではありません。
まず、何といっても監査法人(公認会計士)の監査を2年間受けていないといけませんので、最低でも2年はかかります。
さらに、監査を受けながら、この期間に会社の管理を整備していきます。
会社法(商法)にしたがって、適切に株主総会・取締役会を開催することは当然として、さらに会社の内部統制を整備・運用しなければなりません。
この整備を自社で全てできれば良いのですが、なかなか難しいためこれはコンサルタントの力を借りることになります。
証券会社に依頼すれば上場コンサルティングを受けることができます。
そして、コンサルティングを受けながら会社の管理体制を整備し、一定水準に達した時点で、上場申請を検討します。
上場できる水準に会社の体制が達したと判断された時点で、主幹事証券の審査が始まります。
主幹事証券の審査では、証券取引所の審査よりも細かな点まで質問を受けます。
これに回答していくことで、会社の抱える問題点が明らかになります。
解決できない問題点が明らかになった場合は当然上場できません。
主幹事証券の審査で問題なしと判断されれば、取引所に上場を申請します。
上場申請後、数度のヒアリングが実施されます。
また、取引所の審査担当者が会社を訪問し実査を実施します。
その後、上場が承認され、上場に至ります。
上場申請から上場までスムーズに進めば3ヶ月程度です。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

『最新法人税がよーくわかる本』

最新法人税がよ〜くわかる本

『最新法人税がよ〜くわかる本』
著者:奥村佳史 刊行:秀和システム 定価:683円
法人税入門書の決定版。
会社のための税金実務を徹底解説しています。
我が国における法人税の第一人者、奥村佳史の最新刊です。
紀伊国屋書店、ジュンク堂書店をはじめ全国の書店で大好評発売中。
見逃せません!

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
札幌証券取引所アンビシャスに上場しませんか?
上場で会社にはこんなメリットが
上場でオーナーにはこんなメリットが
上場で従業員にはこんなメリットが
資本政策がとっても重要
アンビシャスに上場している会社
マザーズとの違いは?
上場までの流れ
上場をバックアップしてくれる関係者
主幹事証券
証券取引所
監査法人
上場のために必要なこと
コーポレートガバナンス
利益管理制度
内部統制
会計基準に則った決算
規程類の整備・運用
内部監査と監査役監査
情報システム
特別利害関係者
Tの部
増資と株式譲渡
上場後に必要なこと
ディスクロージャー
監査
IR
株主総会
株主代表訴訟
インサイダー取引防止
お役立ち情報
上場ドットコム
資本政策ジェネレーター
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する
法人税って、どんな税金?
益金の基本
損金の基本
法人税の申告と納税

Copyright (C) 2006 札幌証券取引所アンビシャス上場研究会. All Rights Reserved国民生活金融公庫 消費税 法人税

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。