札幌証券取引所アンビシャス上場専門


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:ここをクリックしてメールフォームからどうぞ

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会[HOME]
INDEX

札幌証券取引所に上場しませんか?

札幌証券取引所に上場しませんか?
上場というと、東京証券取引所やジャスダックが有名です。
このところ、東京証券取引所もマザーズというベンチャー企業向けの市場を開設しているため、成長途上にある会社様でも規模の制約を受けることなく上場できるようになりました。
ただし、東京証券取引所は、我が国における証券取引所のトップブランドです。
マザーズも上場審査が厳しく、成長途上にあるベンチャー企業様にあっては、経営管理体制の整備が追いつかず、上場審査をクリアできないことも少なくありません。
現在ベンチャー企業向けの新興市場としては、大阪証券取引所のヘラクレスなども上場企業の数が急増しており、こちらも既にブランドが確立された感があります。
その他では、名古屋証券取引所のセントレックスが有名です。こちらはまだまだ上場企業数は少ないですが、それでも現在最も経済的に勢いのある中部地区を基盤とする取引所ですので、証券取引所としての地位も相当なものがあります。
九州地区については、福岡証券取引所のQボードがあります。こちらも現在上場企業数が増加中です。新興市場としてやや出遅れ感がありましたが、このところQボード上場企業には勢いのある伸び盛りの会社様が多く、新興市場の中でも存在感が増してきています。
正直なところ、これまでは新興市場への上場というと、審査のハードルが低く、多少内部統制に不備があっても上場できてしまうというイメージがありましたが、ここ数年は様相が変わってきています。
上場企業数の増加に伴い、取引所としての地位が上がってくるにつれて、取引所も自身のブランド価値を認識し始めました。今までのように、上場企業数を伸ばすために多少の不備には目をつぶるといった柔軟な取扱いも少なくなってきています。
投資家を保護するためには、当然のことですが、上場を目指す会社様にとってはやはりハードルを低い方が対応しやすいのは事実でしょう。
現在の新興市場の活況を見ると、今後も上場のためのハードルは、こと経営管理の充実やディスクロージャー体制の整備という点では益々難しいものとなっていくでしょう。
それでも、なんとか会社規模に見合った経営管理の整備で上場できる取引所を望むとすれば、それには札幌証券取引所のアンビシャス市場が最適という結論に至ります。
札幌証券取引所の審査が優しいということは決してありませんが、他の取引所の審査と比較した場合には、ハードルが若干低めに設定されている感があります。
他の市場を狙って上場準備を進めていたけれど、スケジュールどおりに進まないとお悩みの会社様は是非一度札幌証券取引所をご検討下さい。

 札幌証券取引所アンビシャス市場への上場のご相談はこちら

札幌証券取引所アンビシャスとは

札幌証券取引所のアンビシャスとは、従来上場できなかった成長途上の(規模の小さな)会社様のためのマーケットです。
高い成長が期待される会社様に、機動的な資金調達の機会を提供することを目的に、平成12年に開設されました。
従来は、証券取引所にはテリトリーがありました。そのため、九州の会社はまず福岡証券取引所に上場するといった制約がありました。
しかし、現在のアンビシャスにそのような考え方はなく、全国どの地域の会社様であろうと上場することができます。

『最新法人税がよーくわかる本』

最新法人税がよ〜くわかる本

『最新法人税がよ〜くわかる本』
著者:奥村佳史 刊行:秀和システム 定価:683円
法人税入門書の決定版。
会社のための税金実務を徹底解説しています。
我が国における法人税の第一人者、奥村佳史の最新刊です。
紀伊国屋書店、ジュンク堂書店をはじめ全国の書店で大好評発売中。
見逃せません!

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
札幌証券取引所アンビシャスに上場しませんか?
上場で会社にはこんなメリットが
上場でオーナーにはこんなメリットが
上場で従業員にはこんなメリットが
資本政策がとっても重要
アンビシャスに上場している会社
マザーズとの違いは?
上場までの流れ
上場をバックアップしてくれる関係者
主幹事証券
証券取引所
監査法人
上場のために必要なこと
コーポレートガバナンス
利益管理制度
内部統制
会計基準に則った決算
規程類の整備・運用
内部監査と監査役監査
情報システム
特別利害関係者
Tの部
増資と株式譲渡
上場後に必要なこと
ディスクロージャー
監査
IR
株主総会
株主代表訴訟
インサイダー取引防止
お役立ち情報
上場ドットコム
資本政策ジェネレーター
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する
法人税って、どんな税金?
益金の基本
損金の基本
法人税の申告と納税

Copyright (C) 2006 札幌証券取引所アンビシャス上場研究会. All Rights Reserved国民生活金融公庫 消費税 法人税

札幌証券取引所アンビシャス上場研究会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。